Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

魂の性質・距離感 

(続)雑魚眷属野良河童に学ぶ

前半からの続き)

 

雑魚眷属野良河童がファミリーでない明確な理由はいくつかあります。

 

 

■感性、価値観が一致しない

 

王族経験が少なく、「世のため人のため」という意識はありません。

大金を手に入れても、自分の欲を満たすことしか考えていない。

他人を利用した売名行為も当たり前です。

 

 

 

■周波数が高い人ならありえない価値観

 

場の空気やエネルギーに無頓着。

高級ホテルやグリーン車の価値がわからない。

 

身につけるものはいつも同じで、品位が感じられない。

(山登りでも安物の革靴&ブレザー&仕事かばん)

 

 

 

■価値観の押し付けが強い

 

相手が望むものを察せず、自分の美学ばかり押し付けます。

例えばグルテンフリーの人に対しても「広島来てお好み焼き食べないやつはダメ」みたいな。

自分がそう思うのは自由ですが、相手にまで同意を求めます。

 

 

 

■自分の意志がない(地頭が悪い)

自分が信奉するMLMに刷り込まれた知識を、ただ語るだけです。

暗記は得意でも、自分で何かを作る能力はありません。

SNSでは同じようなことを何度も繰り返し投稿し、しかも本質を語れません。

 

自分が関わるMLMの製品は何でも善で、それ以外は認めない。

 

MLM組織にとっては優秀な兵隊と言えそうですが、自分の言葉で語っていないので説得力がなく、新規顧客を増やす能力もないので別にどうでもいい存在です。

ゼフやミアが雑魚眷属野良河童を馬鹿にしたりからかっている理由がわかりました。

 

 

他にもまだまだありますけど…別に雑魚眷属野良河童をディスりたいわけではないので、この辺でやめておきます。

 

 

やはり魂には「品」があるので、それが異なる人間はファミリーとは呼べないでしょう。

(雑魚眷属野良河童の品の無さはインスタとかブログとか見ればわかります。)

 

 

ソウルファミリーやソウルメイトとは同じ志、魂レベルを持つもの。

 

能力はあっても品が伴っていない存在は、私は「眷属」と呼び区別しています。

 

基本的に眷属とは価値観を共有できないので、仕事上の付き合いとかクライアントにするとかの関係にとどめておくのが無難かと思います。

 

お金が発生しないのに、自分の貴重な時間を割いてまで付き合う相手ではありません。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >(続)雑魚眷属野良河童に学ぶ