嬉しい予測外

まさに結果オーライ

2016年になって、私の仲間内やクライアントさんに
不思議なくらい共通するテーマ?があります。

それは…【予想外な流れだけど、うまくいっちゃった】…

例えばある人の一例を挙げますと、

独立するために自分の時間を増やしたい。

実家通いにして家賃を節約。
同時に終電を口実に時間きっちり帰る。
仕事振られようが帰る。
(ここまでは昨年予定通り)

で、辞めやすい環境を作って退職…するつもりでした。
なのに逆に管理職レベルに昇格してしまったのです。

退職までのビジョンがはっきりしたので
生活に充実感が芽生え、退社時間もきっちりしたので
仕事にメリハリが付いて成果も上がったのでしょう。

独立を目指していたのに予定外ですが、
彼は管理職になったおかげで、
社外の付き合いも増え、刺激になったようです。

ここで人脈(将来の仲間や顧客候補)を見つけて
それから独立しても良いのかな、という結果になりました。

また別のクライアントさんは集客に困っていて
次のセッションで「うまくいっていない理由を考える」
という予定でシミュレーションしていたんですが、
なぜか年始で急に流れが良くなって「…?」って感じ。

準備は無駄になったけど、こういうハプニングは大歓迎です。

でも、占い師とか預言者とかいう観点で見たら
私は未熟なのかもしれませんね。
だって未来リーディング外してますもんw

ただ、予言的中=偉い、じゃないよね。
そこんところ勘違いしてるサイキッカーさん多くない?

特に解決策もないのに不安だけ煽る系の預言者。
富士山噴火しますとか大津波来ますとか、それ系ね。

そういう人ってたぶん自己顕示欲強いか、
あるいは自分の思い通りに他者をコントロールしたいんだろうな。

まあ予言外れても
「みなさまの祈りが届いたよ~♪良かったね」

時期がずれて災害が起きたら
「結界を張ってましたが、力及ばず…
先延ばしにするのがやっとでした。
(でも俺の神通力凄いだろ)」

予言的中したら
「ほらいったでしょ!!
(次の不幸から逃れるにはこのお守り買ってw)」

いずれにせよ体裁が守られるから、
ある意味うまい構造やなぁと感心はします。

でも、審神者コンサル的に大事なのそこじゃないのよね。

クライアントと寄り添って、ともに成長し喜べる
そんな状態を作り出せれば結果オーライなのよ。
臨機応変に対応できるかの方がむしろ大事っしょ。

最近不安を煽る方が増えているので、少々苦言を呈してみました。
(別に特定の人を指しているわけではありませんよ)

お知らせ

■一般公開イベントのお知らせ

現時点で一般募集しているイベントの詳細をお伝えします。
こちらのイベントはRS会員でなくとも参加できます。

・4/11(木)11:00~14:00 公開リーディング
・4/15(月)11:00~14:00 波動応用編

リンク先に飛べるものは現在も募集しております。
リンク切れのものは定員に達したものか調整中です。
詳細は天野まで直接お問い合わせください。

■過去生が自分でわかるようになる講座、開講中です。
詳細は↓の記事を御覧ください。
無料で登録も必要ありません。

ついにスタートしました。過去生を自分で見られるようになる講座。しかも無料。ちなみにヒプノのように映像で見る感じではなくて、体感覚(筋反射)を...

■過去生公開セッションの「ドネーション」の代わりに「タグ付け感想シェア」も選択できるようになりました。ぜひご利用下さい。

Related Entry

【サイアセ】開発秘話

変な(?)名前つける理由

イザナギの葛藤

メルマガ始めました♪

貯金とダイエット

占いの存在意義