Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク 

産土参拝いいゾ~(中編)

前回の記事の続き)

 

まずは実家がある市にある産土に挨拶。

ここは古墳時代の遺跡もあり、エネルギーが若干縄文っぽくて気に入っております。

 

社殿はいかにもお金儲けが上手…的な雰囲気ですが、そこではなく周囲の森に祀られている存在たちに意識を向けます。

 

そこで宣言をしてきました。

これから土地のグリッドを整えたいので協力してほしい、と。

(ついでに「俺を土地の縛りから開放してほしい」もセットで(笑))

 

彼らは二つ返事で協力してくれました。

そして、御幣のような形をしたエネルギーをくれました。

(これを使ってグリッドをつなぐと良いらしい。)

 

 

ということで、ここから未知の神社2つに向かうことに。

早速1つめの神社にやってまいりました。

 

この神社の神域の森は、実は普段よく使う電車の中から見えていて気にはなっていました。

 

実際行ってみたら平安京と同じくらい歴史がある神社で驚き。

名前は諏訪大社だったのですが、実際の諏訪大社とは似て非なるものと言う感じでした。

(木陰で鬱蒼とした感じは諏訪大社の本宮っぽいのですが、土地の波動があまり似てない。)

 

人払いされているところから順に回り、摂社に挨拶します。

懐かしい名前の摂社が多く、そのたびにかつて本店(といっていいのか?)を訪れた際の記憶が蘇りました。

三峯や大鳥大社(ヤマトタケル)は最近よく遭遇しますので、特に親近感が。

 

本殿を人の気配がしない位置から眺められる場所があったので、そこで祈りを捧げてきました。

 

 

無事土地神たちの協力も得られたので、最後の神社へ。

 

ここが強敵です。

最寄り駅と呼べるような場所がなく、どこからも等間隔に遠い。

一番近くにあるバス停からは徒歩40分程度…

その最寄りバス停を通る便は、3時間に一本。

 

待ち時間が2時間以上あったので、最寄りバス停から3つぶん遠いバス停まで別の路線バスで向かいました。

そこからなら徒歩1時間10分で済むそうです。

・・・なんか最近離島や北海道に慣れてしまい、徒歩1時間とか何の抵抗もなく歩こうと思えてしまいますw

 

それにしても、グーグルマップってときに嫌がらせのような経路示してきます。

大通り沿いを行けばわかりやすいのに、少しでも短距離で済むようにという配慮からか、路地裏っぽいところや工場の敷地内、挙句の果てには有料の公園など、なぜこんなところを示してくるのか不思議で。

 

でもそういう道を通ると名もなき神社や祠があって、そういう場所に寄るのも必要だから敢えてgoogleマップが変な作動をしているのかな。

これがスピ系の人がよく言う「呼ばれた」ってやつかも。

(まだ続きます)

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >産土参拝いいゾ~(中編)