Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

スピ系ネタ全般  魂の性質・距離感 

使い捨てカイロも大事

※ご質問が多いのでまとめました。

 

私が魂の距離を図る指標としてよく使っている言葉が

「ツインソウル、ソウルファミリー、ソウルメイト、使い捨てカイロ、圏外」

ですが、今回よく質問&誤解される使い捨てカイロについて解説したいと思います。

 

 

使い捨てカイロというのは、

「今後レベルアップするのに必要ではあるけれど、目的を達成した後は必要なくなる縁

です。

 

冬の北海道で重宝した使い捨てカイロを、沖縄に行ってからも持ち続けたら無駄ですよね。

それどころかカイロから滲み出る有害成分で身体を痛めるかも。

だから早く捨てる(断捨離する)のが大事です。

 

 

捨てると言っても、一方的に縁を切る宣言とかしなくていいですよ。

手を離せば、(つまりこちらからコンタクトしなければ)勝手に離れていきます。

 

 

使い捨てカイロはソウルファミリーなどよりは軽視されがちですが、その時に必要な縁なのはかわりありません。感謝して手放しましょうね。

 

 

では、使い捨てカイロにはどんな種類があるのか。

私は主に3種類に分けています。

 

■カルマメイト(重要度:大)

■眷属(重要度:中)

■一期一会(重要度:小)

 

一期一会は、場を共有する限りの縁です。

自分の波動がベースになった引き寄せではないので、魂の縁は薄いことがほとんどですね。

単発コンサルやイベントのお客さんなんかもこのカテゴリが多いです。

 

 

眷属は、自分に一方的に惚れてくる人。
でも自分は別にその人に特別な感情は持ちません。

優秀なスキルを持っている眷属の場合、ビジネス等では役に立ってくれる事もあります。

ただ、自分は眷属と長時間に一緒にいると、退屈さや気まずさを感じます。

共鳴しないので心地悪いのです。

 

なので、お金を頂く間だけこちらの時間やエネルギーを提供する、程度の距離感が丁度いいでしょう。

ソウルファミリーのように接すると依存されて苦しくなります。

 

 

最後に、カルマメイトについて。

カルマメイトは重要かつ多くの人が違う定義で同じ言葉を使うので、別記事で詳しく解説しますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして一番大事なのは、目的はカテゴリ分け→決めつけではないということ。

 

「あの人は一期一会だから、適当に相手しとこ」

「あの人はソウルファミリーだから、何やっても許しちゃう♪」

 

そんなふうに扱うと、貴重な出会いや縁を逃します。

結果的に後付で分かる感じなので、すぐに決めつけないように。

 

 

魂の距離に合わせて適切な間合いを確保すれば(&情に棹さして流されなければ)人間関係は至極スムーズかつシンプルになります。そのための指標としてソウルファミリーなどの定義付けをしています。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >使い捨てカイロも大事