Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ソウルファミリー  レムリア  魂の性質・距離感 

(続)トウキとラゴス

前編からの続き)

 

ラゴスは満足げでした。

「これでやっとトウキ様に恩返しができた…」

そう言って息絶えます。

 

 

トウキは激昂しました。

 

 

「トウキ様…じゃねぇだろ!!

 

兄さんって呼んでほしかった。

もっと一緒にいたかった。

国が滅びようとも逃げ延びてほしかった。

 

…勝手に先に死んでるんじゃねぇよ(号泣)」

 

その場面が強烈過ぎて、脳裏に焼き付いてしまいました。

 

 

 

で、先日ついに転生ラゴスに再会してしまったのです。

 

(実を言うと、箱根に連れて行った弟もラゴスを宿しているのですが、彼はディオノの弟もやっているのでそちらの影響が濃く、ラゴスはあまり表に出てきませんでした。)

 

 

きっかけは、やはりトウキの愛娘(ショウ)でした。

彼が空気読まずに仕事で会った人の写真送ってきて、鑑定依頼して来るのですが…

普段は面倒くさいのですけど、たまにこういう大当たり来るからやらざるをえない(笑)

 

 

で、流れがスムーズで(たいていこういう時は当たり)早速数日後に会えたのですが・・・

 

 

どうもラゴスと思われる彼は固かった。

心配になった私は色々施術するのですが、尽く弾かれます。

 

何だこれは…俺の見立て違いか??

 

 

そう思った時、ショウがある決断をしました。

 

彼はバリ特ひかりで帰る予定だったのですが、計画を変更してこの日福岡に泊まることにしてくれたのです。

(この時ラゴスと俺らは福岡で会っていたのですが、ショウの列車の時間の関係で2時間ほどしか時間の余裕がありませんでした)

 

つまり・・・俺の意識の中に「残り時間カウント」があるのを察知して、そのせいで焦っている(=全力を出せていない)のに気づいてくれたんですね。

焦りの波動があると、施術の精度が大幅に鈍るのです。

 

 

その後は、いつもどおりの展開になりました(笑)

 

そして仲良くなった私とラゴスは、別の日に太宰府で会うことにしました。

そこに彼の覚醒の鍵があると、なんとなくわかったからです。

 

彼は道真の波動もスクナビコナの波動も宿していました。

それが活性化すれば、間違いなく助けになるはず。

その確信がありました。

 

あと1回だけ続きます)

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >(続)トウキとラゴス