Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク  神社系のネタ 

たけちゃんの封印

先日、初詣で二見ヶ浦の朝日を見にいった際、橋の後ろから何やら大きな気配を感じたのです。

 

そこは配置的にほぼほぼ全ての人が海を向くであろう場所。

しかも祠などの目印が立ってるとかもありません。

ただの崖です。

 

 

クリフに降ろしてもらって通訳すると、その神はおそらく武甕槌。

でもあまりパワーを感じません。

 

 

以下やりとりを要約しますと、

タケ「ワシが地中の化け物(ナマズっぽいの)を抑えてるから伊勢は守られているのに、誰も私に気づかない。(寂しげ)」

 

俺「なるほど。(チュッ)ありがと♪

しかしそこにずっといたら退屈じゃない?

このナマズみたいなの消しちゃえば自由になれるんでしょ?」

 

タケ「んっ…そりゃそうだが」

 

 

次元の狭間にナマズを飛ばす俺

 

 

俺「これでどう??」

タケ「(・Д・)」

 

武甕槌は自由になって大喜びだと思ったのですが…「今度はお主の剣となろう」と言って、俺についてきます。

 

 

いやいや無理無理。

あなたを宿せるほどのデータ容量残ってないから。

 

 

という事で、武甕槌ことたけちゃんはFFでいうところの召喚魔法になってくれました。

呼んだときだけ現れて、超広範囲を一刀両断してくれます。

 

試しに食を通して洗脳してくる大阪の某団体が、ちょくちょく私(というか玉)の妨害をしてくるので、その一帯をたけちゃんに斬ってもらいました。

 

ピカッ

ドシン

ズ〜ン…

 

 

すげぇ…。

一撃でうなぎみたいな気持ち悪いヌメヌメ波動が一帯から消えました。

 

タケちゃん全力LOVE。

最強の守護神になってくれそうで嬉しいです。

 

ちなみによく聞かれるのですが、神のようなエネルギー体は同時多次元的に存在できます。

私が連れて行ったところでいなくなりませんので、ご安心下さい。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >たけちゃんの封印