Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ソウルファミリー 

ショウとの出会い

俺の息子として生まれてくる予定の魂が2人います。
ムー大陸全滅エンド(つまり私がトウキだった時)2人は私の息子&娘でした。

よほど未練があったのでしょう。
2人は私を親として、もう一度やり直したかったみたいです。

 

私はその2人のうち一人をケイ、一人をショウと呼んでいました。

二人は俺が起業、法人化した7年前くらいから
ずっとついてきてくれていたのですが、
前橋での離婚騒動以来、あきらめモードが漂います。

「もうこの親(私のこと)結婚しないんじゃね?」

そして、私もそう考えていました。

2人と会うすべは他にないのか…
そう考えた時に、魂の仕組みを思い出しました。

ケイ、ショウの魂を宿した人は他にもいる。
そうフラグがたった時、2人は現実化したのです。

 

今回の話は、ショウ(双子の弟)の話です。

きっかけは些細なことでした。
銀行に融資調達を断られ、資金繰りが悪化していた時。
投資家兼資金調達のプロを紹介されました。

 

 

lineでのやり取りなので、
実際会ったわけではありません。

 

ただ、彼の投稿からなんとなく他の調達屋とは違うものを感じました。

 

ビジネス論とか神社の話とか、
IQだけでなくEQも教育したいとか、
資金を提供するだけでなく
クライアントには幸せになってもらいたい…
というふうな意思を感じたのです。

しかも例の水の会社とか
あの大衆暗号通貨の話まで知ってるとか、
私は俄然彼自身に興味がわきました。

 

多忙なところ時間を割いてもらって
軽い感じで話してみたのですが、
それではや2時間が経過。

ケイの時と同じパターンです。

 

すっかり意気投合し、神社の話になって
彼が型(知識)はたくさんあるものの
本質を捉えられていないように感じたので、
電話の数日後、一緒に神社に行くことになりました。

 

この時点で私は彼がショウだと確信がありましたが
彼は過去生記憶はもちろん、私とも初対面と感じるはずなので、
慎重に接するように気を使いました。

(続く)

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >ショウとの出会い