贖罪終わりし時

さて、ぼちぼちブログ再開していきます。
ようやくブロッサムでのイベントも定期化してきて勝手がわかってきたし、多少年末は余裕もできそうですので。

それに、ストーカーなんて気にしても意味ない。
波動レベルが自分より低い相手に影響を食らうことは無いですし、目立てばストーカー(生死問わず)が寄ってくるのも自然の理ですから(笑)

ということで…ネタはありまくりなのですが、自分にとって既に叶ってしまった過去は案外どうでも良くなっちゃうみたいで、書くモチベーションが上がらない…。

神在月の様子とかも語りたいところですが、面倒くさいが上回ります。それに誰にでも読める場に書かないほうが良いこともありますから、ここでは伏せておきましょう。

逆にブログに書くべきはこれから広まってほしいこと(未来の展望)。
特に「この人すごい!」と思う方との出会い、このケースは他の方の参考になるなと思っ事は積極的に書いていきたいですね。

というわけで、今日は感動的なラデル弟(過去生)との出会いを書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近知名度が上がったせいか、FB申請を頂く機会が増えました。
特にセミナー直後だと跳ね上がりますが、それを全て承認しているとたまに誤ってスパムアカウントを承認してしまうことがあります。

英語でスタイルが良い女性等なら一発で見破れますが、日本語のイケメンのお兄さんがいて「誰かな?」と思いつつ承認後プロフィール確認したら…「ニートでも月収○○万円」とか「どん底から億万長者になる方法教えます」みたいなのだったり(まだやってるのって感じ(笑))

もちろん即解除します。

しかし、そのようなスパム無言申請の中にも時に宝があります
その日も面識が無い方から怪しいメッセージ(自称宇宙人系)が来て、またかと思いながらも一応フィードをざっと見たところ、その方があるイベントに出席されていたのですね。

そのイベントの主催者が妙に気になる。
この感じ、絶対過去に会ったことがある。
それも相当深い。

写真から情報を読み取ってみる。
アストラル体がかなり薄い。生命力が弱い感じ。
この感触はかつてのトウキと同じで、過去に相当深い傷がありそこに魂の一部を置いてきてしまった感じだ。

背中の翼部分に大きなエネルギーの傷がある。
ということは、レムリア時代のフェザーフォルク(有翼人)。
おまけに雰囲気が現在のラデルと妙にかぶる。

となると、もう一人しか浮かばない。
彼はトウキの記憶に度々登場する、ラデルの弟が転生した姿だった。

トウキの中に登場する彼のイメージは以下の通り。

---------------【トウキが観たビジョンここから】------------

ラデルは外見に似ず気性は結構荒い。

その点彼の弟(シズェル)は対照的で、水面のような整った波動を発する、まさに天使のような姿をしている。白に一寸薄いピンクを含んだような翼はおそらく4枚あり、オッドアイの目は真実を見透かすような輝きを放っている。

彼はトウキからラデルの様子を聞くと、いつも苦笑いする。
そしてトウキにいつも礼を言うのだった。
兄の本心を受け止めてくれてありがとう、と。

フェザーフォルクには翼があるが、自由はない。
彼らはいわば、レムリア王宮の公務員だ。
伝令役や儀式での象徴的な役割(まさにアイドル)
表向きは華々しいが、アイデンティティは否定される。

なので王宮の指示に個人的には納得がいかずとも、反抗することは許されない。
ラデルはそれに抗えない不条理さをトウキにぶつけていたのだが、シズェルはその事実をある意味諦めとも取れる態度で甘受していた…ように見えた。

だが彼の心の奥底には、この停滞しきったレムリアを何とか変えたいという強い衝動があった。その為彼が懇意にしていた第二王子(トウキの国を全滅させアトランティスに携わった人物)と手を組み、既存のレムリアを壊すための計画に加担する。

しかしアトランティスという国に信頼という言葉は無かった。
彼らは人を見たら泥棒と思う、不安と恐怖と圧倒的支配がベースの一族なので当たり前だ。(奴隷と植民地を広めたヨーロッパ人のイメージに近いです。)

シズェルも第二王子も、レムリア王朝が滅び利用価値がなくなった時点でアトランティス側に殺されてしまう。

シズェルの中には激しい後悔があった。
レムリア崩壊に自分が加担してしまった事とその浅はかさに。

彼は転生するたび贖罪を繰り返した。
自らを犠牲にし、弱き者を助ける…それを使命とするも、覚醒しない人々をみて落胆した過去生も少なくなかった。
それでも、かすかに見える一条の希望の光を見失うことなく、彼は必死に施しを続けた。

---------------【トウキが観たビジョンここまで】------------

相手を知るためには、まず相手が提供しているサービスに申し込んでみる。
レンの時もそうだったし、ブロッサムでもそうしている(バーター含む)。

ということで私は早速シズェルのオファーに申し込んでみた。

彼は今ちょうど自分のセッションを広めようとしている段階で、価格を下げてでも体験してもらえる人を増やそうとしていた。(→詳細

これは非常に効果的な内容だ。
先に「セッション三昧」という環境を作ることによって、魂が本気でその現実をイメージし現実化しやすくなる。そしてお金は後から勝手についてくる。(お金へのフォーカスを外すと自然に循環する)

実際私もそう考えてブロッサムでセミナー三昧の毎日を送っているが、おかげさまで明らかに現実の変化スピードが加速し、不思議な出会いもたくさんあって全く退屈していない。
シズェルと会えたのもその一環だろう。

しかも普段関西にいるレンも偶然東京に来る用事があったので、私はレンと若干気乗りしてないラデル(これは過去生の関係を見れば納得できる)を連れ、シズェルのセッションを受けに行った。

彼が提供してくれたのはサウンドソウルズというプログラム。
音の力で人を癒やすなんて彼らしい…、と勝手に妄想していたが中味は全然想像とは違って、私がやっているセッションと目的は同じだけど手段が違う、そんな感じの地に足がついた系セッションで好感が持てました。

まず彼はチャクラの対応表のようなものを渡してくれました。
そこには全部で「10のエネルギー体のツボ」的な場所が書かれていて、人によってどこが活性化しているかが違うという。
その場所を特定すれば自然と性格や特徴、得意分野がわかってしまうのです。

いわゆる自己分析系だが、占星術や数秘などと違って誕生日は必要ない。
キネシオロジー(筋反射)でチェックするので、体感覚があって面白い。
そこが優れた点の一つだと思う。

それでパワーが出る場所(天野っぽい表現で言うと、「一番グラウンディングしやすい場所」「自分の本体とつながっている場所」「産土神とアクセスしやすい場所」)が分かったら、今度は4つのツボを特定する。

さっきの10個のツボとは別で、10個のツボがパワーをチャージする場所だとしたら後者の4つはパワーを放出するのに適した場所だ。社会的な役割を果たすのにどんな場所がいいのかのヒントをくれる。

10のインプットツボと4アウトプットツボはそれぞれ一人一つずつあって、自分のツボ以外の場所も鍛えればそれなりに使えはするけど、自分のツボの消費エネルギーが1なら10くらい使ってようやく同じぐらいのパワーを出せるらしい。

つまり自分のツボがわかれば、無理なく楽に自分らしく生きるポイントを自覚できる。

という素晴らしい自己分析ツールだが、このサウンドソウルはシズェルのオリジナルメソッドではないとのことだった。
だが明らかに施術者によって技量の差がでるポイントが有る。

具体的にはこうだ。
サウンドソウルで特定したツボは現時点では閉じている可能性がある。
閉じているとパワーが出せないので、開放する必要がある。

その際に施術者がどれだけ今までに色々な経験をしてきたかで、効果に差が出る。

今の社会で無理をしている人は、得てして「自分が思っている自分像」とツボの位置がズレているように思う。そういう人に対して「あなたはこっちのほうが楽ですよ」「身体はこうなりたいって言ってますよ」と教える際に、どれだけ相手が納得してくれるかで効果が段違いに変わると思うのだ。

一時的に施術者がツボを開くことはできても、本人に変わる気がなければまた元通りになってしまう。そのようなケースを私はたくさん見てきたので、「変わる気がない人に関わるのは時間とエネルギーの無駄」と心の底から言い切れるのだが。

だからシズェルが多くの体験をし、痛みを知り、共感できる事が多いからこそクライアントは彼に心を開き、体の声に耳を傾けるようになる。それはまさにシズェルが過去生からずっと蓄積してきた、いわゆる徳の積み重ねによるところが大きいだろう。

ラデルが先約があるので中座すると、シズェルの緊張が緩んだ。
その際に私は本題に入った。

〇〇さん(シズェルの今生の名前)、過去生の自分が気になりますか?
私は許可なく人の過去生を視ることはしませんが、過去生でも私と縁が多かった人であれば、お互いの警戒心が解ければ勝手に視えてしまうものも多くあります。
既に〇〇さんのレムリア時代(フェザーフォルク)、私の父親だった時代は鮮明にわかるのですが、聞きたければお伝えします。
私が来たということは、きっとその過去の傷を直せる準備が整ったということでしょうから。」

彼が興味津々だったので、私は前述のシズェルの話を語った。
そしてその時の傷が原因で生命力が弱くなっており、他の過去生でも若くして亡くなっているケースが多かった事もそれとなく伝えた。

私はこれまで観たビジョンを彼に送りつつ、シズェルの直霊に訴えかけるように語った。
「レムリアが滅びることは事前に決まっていたし、地球の13000年周期からも必然だし、それをシズェルが背負う必要はないよ。技術だけ発達しても人の心が未熟だったから、レムリアもアトランティスも滅びるべくして滅んだのさ。
だからもう自分を責めることも、無理をすることも、自己犠牲で他人のために尽くす事も必要ない。
今生こそ自分の喜びだけにフォーカスして生きるんだ。
そのために今この時代を選んで生まれてきたんだろう。」

シズェルの翼の傷がみるみるうちに塞がっていくのがわかる。
納得して自分から傷を直そうと決意してくれたのだ。
(ここの段階で、過去生リーダーの技量が問われる)

なお途中私のほうが泣きそうになってしまい、悟られまいとして彼の背後に回ったのは秘密(笑)。

ラデル以上に立派な翼のエネルギーが私とレンを包むぐらいまで広がった。

今までどれだけ封印していたんだ!

その後撮った動画では、彼のエネルギーの放射を受けて、シズェルも俺もレンもモヤのような光に包まれた感じに写った。

これでシズェルも霊的防御力が上がって、身体やメンタルに外部的要因で揺さぶりを受けることも少なくなるだろう。
良かった(´Д⊂ヽ

お返しに彼は「過去生や守護神を体感覚で確かめる方法」を教えてくれた。
彼はこの体感覚を使って私のリーディングとの整合性が確認できたため、警戒心なく私の言葉を受け入れてくれたのだろう。

この技、有難く私のセッションで使わせてもらいます。
そしてシズェルはソウルサウンドの養成講座をやっているそうなので、来年はそこに通っている予感♪

いずれ彼と一緒にコラボセミナーとかできたら嬉しいなと考えています。

イベントスケジュール

特記事項がないイベントは、全て渋谷ブロッサムで開催します。
参加受付は各イベントの詳細ページで行っています。
また【満員御礼】がついているものは、既に満席になっています。
(キャンセルが出ることもあります。)

■2/7 スピランチ会(鷺沼)
https://www.facebook.com/events/1961081543920534/

■2/9 【満員御礼】受取下手撲滅計画!
https://www.facebook.com/events/285549708640381/

■2/11 早朝・ラデルイベント
https://www.facebook.com/events/727114340821328/

■2/15(コラボイベント)身体は過去生を記憶している
https://www.facebook.com/events/332129257281700/

■2/18(再)地球の攻略法・第二回
https://www.facebook.com/events/374334803030811/

■2/19 超ポジティブ・カードリーディング
https://www.facebook.com/events/370616190079887/

■2/23①【満員御礼】スピランチ会(鷺沼)
https://www.facebook.com/events/709521135917544/

■2/23② (コラボイベント)重箱の隅までブロック破壊
https://www.facebook.com/events/938691386285346/

■2/28 【満員御礼】神社応用編
https://www.facebook.com/events/139787890164979/

Related Entry

人物相関関係

浮気相手が来た!

いろいろありすぎて…

冥王星の監査官?

ハレアカラへ里帰り(前編)

人造人間?