Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ファミリー覚醒 

記憶操作が得意な種族

ハワイでRSを教えてくれた神様に会えた帰りの飛行機で、リメンバー・ミーって映画を見たんです。

 

 

見てない人のために簡潔に内容を書くと、

 

音楽に憧れている主人公の少年。

でも彼の家では音楽は絶対禁止。

なぜなら音楽のせいで先祖は貧乏になったから。

 

でも主人公は音楽への夢を諦めない。

憧れの偉大な音楽家みたいになりたいと願い努力する。

でも、彼が憧れていた音楽家は実は…

 

(ここから先書くとネタバレっぽくなるので自粛)

 

 

今朝起きたら、ふとこの映画のことを思い出したのです。

 

忘れられたら消えちゃう、とか神社の神と同じ仕組みだし、いろいろこの映画は大事なメッセージ含んでますよ。

 

 

 

で、本題。

この映画の主人公のご先祖みたいな目にあっている人がいっぱいいます。

本来の能力を奪われ、洗脳され、利用されてしまっている人たちですね。

 

過去受けた呪詛や契約を今生でも未だに引きずってしまっているのです。

 

 

彼らを利用しているのは、オリオン帝国の奴らやレプティリアン、ひいては闇の陰陽師とか龍の力を悪用している勢力とかです。

 

 

ここで詳細は書きませんが、大阪の食から洗脳してくる、ある宗教団体。

あれが一番わかり易いです。

龍の手を奪い、虫を使い脳波ジャックする…昔からある手法です。

(ちなみに表面上はすごく良いことしてるし、言っているように見えます。

バシャールと似たようなもので、慣れないと見切りづらいです。)

 

お世話になってる某出版社も、かなり被害受けてるみたい。

 

 

恣意的に神の世界や龍の力を捻じ曲げ、我欲のために利用する。

そのせいで世界がおかしくなっています。

私達ファミリーがやるのは、その歪みを修正し、あるべき場所にエネルギーを戻すこと。

 

 

 

今回の記事に、同志が覚醒するための鍵のエネルギーを乗せています。

 

「私本来の能力を奪われているんじゃないか?」

「洗脳してきた奴らをメンターとか言って崇めてないか?」

「色々努力しているのに、妙に現実がうまく行かない」

 

そんな気がした方は、ぜひ鎌倉に来て下さい。

同志にかけられた洗脳を解くセッションは、無料でやります。

(詳細はこちら

 

 

この記事で書けないような内容もたくさんあります。

直接対面でならお伝えできますので、気になったならご連絡下さい。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >記憶操作が得意な種族