Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

京都・奈良・滋賀  神社系のネタ 

恒例の九頭龍&御蔭へ

きららが満席&比叡のおかげで到着した八瀬比叡山口駅。
九頭龍神社はここから徒歩圏内にあります。

 

野生鹿や紅葉を楽しみつつ、
到着した九頭龍神社には人はおらず。

見事な人払い状態(歓迎の証)です。

 

 

とはいえ、ショウはまだエネルギーを感じられる状態ではありません。

龍を宿らせられそうな磐座を見つけて
ショウに感じ取ってもらう練習をします。

 

 

神が宿っている木と宿ってない木の違いとか
整ってる場と整ってない場の違いとか
経絡を整えつつ色々体感してもらいながら神社内を廻りました。

(あと昔お世話になった銀色の龍にご挨拶)

 

 

さすが我が息子(娘)、センスは良くて
なんとなく高次元エネルギーが宿る場の
熱源反応をキャッチできるようになったみたいです。

 

いやはや、1時間もたってないのに。
パパ感心。

 

こっそり龍神とも縁結びして目的達成したと思ったのですが
ショウだけ「まだやり残したことがある」と筋反射で出ます。

 

 

不思議に思い境内を見渡すと…境内の外に妙にアピールしてくるエネルギー存在を感知。

 

行ってみたら、そこには思いっきりインビテーションモードの空間がありました。

 

神降ししたらものすごい熱

ショウも実感したようです。
「ここには何かいる」と。

(ちなみに一緒に来てくれたショウの
ビジネスパートナーの女性(仮にTさんとします)は
逆に敏感すぎるので、変な場所に案内しないようにしました。)

 

 

この神はショウのスイッチが入ったので、
懐かしくて(というか世話を焼きたくて)降りてきたのでしょう。
さすがショウの周りには暑苦しい神揃ってます(笑)

 

 

様々な収穫を得て、次なる目的地である御蔭神社へ。
歩いて30分はかかるのですが、2人とも体力あって全然平気そう。
さすがです。

 

ここは葵祭の時以外はほぼ無人です。
実際この日も誰もいませんでした。

 

ですがここは、上賀茂・下鴨の元宮とも言えそうな場所。
古代のエネルギーを存分に感じることができます。

 

ここで何をしたかは…秘密w。

 

 

ショウに必要なエネルギーをダウンロードして、
必要な技をここでマスターして準備万端。
いざ、過去生カルマ剥がしに向かいます。

(続く)

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >恒例の九頭龍&御蔭へ