Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

スピ系ネタ全般  神社系のネタ 

言霊のパワーって?

 

わかったようでわからない言葉の一つ、言霊。

言葉として口に発したことが現実になる、
みたいな解釈が一般的でしょうか?

 

では言霊のパワーを司る神
(葛城一言主、コトノマチヒメなど)
のご利益ってなんでしょうね?

 

言霊のパワーが上がる
=人を言葉で動かす力が上がる
って事なのかな???

数年前まで神社ツアーやっているときからずっとこの定義が定まらず心地悪かったです。

 

で、最近の私の考え方はこうです。

 

言霊は言葉そのものの周波数とそこに込めるエネルギーのあわせ技で、その2つがミスマッチだとパワーが下がったり相手に違和感(不協和音)を与えたりします。

 

例えていうなら言葉自体がペットボトル、そこに込めるエネルギーがドリンクです。

白バラコーヒーって書いてあるボトルにMAXコーヒー入ってたら、そりゃ皆さん訝しがりますよね。

 

 

でもそれと同じことやってる人結構いますよ。

 

例えば、一時期流行ったのですが「ありがとうを数百回言うと幸せになります」的なやつ。

 

感謝とか愛とかって自然と湧き上がってくる感情なので、意図的に出そうとしてる時点でもう周波数が違います。

型はありがとうでも、込めてるのは「臨時収入来い」ってエネルギーなら…推して知るべしです。

 

とはいえ、ネガティヴな事考えてるくらいならありがとう100回の方が全然良いですけどね。(写経みたいなもんか)

 

逆に言葉と意図の周波数が一致した時、その言葉は人を動かすパワーを持ちます。

私が言葉の意味の齟齬を正そうとするのは、その威力を身をもって知っているからかもしれません。

 

そう考えると、事代主とかコトノマチヒメとかは、言語化が上手かった古代人なのかもしれませんね。

この人たちの種を持っている人は、参拝すると言語化力がアップするかもよ。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >言霊のパワーって?