兆し

目に見えないものを信じるってなかなか勇気がいる事です。
そこで彼氏がかつて語りかけてくる龍神に「はっきりした形で教えてくれ」ってリクエストを出したそうです。

すると龍の形の雲が出たり、問いを発すると車のナンバープレート(ゾロ目)で答えを出してくれたりと、かなり便利なスキルが得られたそうな。

私も間近で観察していましたが、驚きました。
(私ははっきりとは見えませんが、雲にエネルギーが宿っているかどうかは判別できます。)

私の場合、神社に行った時やツアー計画時にそのような兆候があります。

例えば…ある宿の値引率がキャンペーン等で大幅に安いとか、夜行バスの最後尾シート(思いっきりリクライニングできるので疲れない)が空いているとか、珍しい列車が走っているとか。

実際今回の旅で泊まったホテルはツイン40平方メートルでバルコニー、温泉付き…なのに一人当たり5400円という破格値でした

一室だけのバーゲンで、定価は2倍以上します。

神社に行った際はいわゆる「人払い現象」が起こります。私にとって最適な環境を向こうが用意してくれる=歓迎のサイン、なのです。

ホテルでは色々語って施術して同時にレムリアに意識飛ばして等色々やりましたが、それはまた別記事にて語りたいと思います。

-----------------------------------

さて翌朝。
消化にエネルギー使わないように朝ごはん抜きで二見ヶ浦へ。

朝といっても10時頃だったので満車
…と思いきや、ちょうど一台が発車するところでした。

タイミングばっちり。
今日こそは行けそうです。

夫婦岩と言いつつ、パワーを感じたのは圧倒的に妻の方の岩。
太陽かと勘違いするほどジンジンした熱を感じました。

今までこんな事は無かったのに。
彼氏、あるいは彼氏の波動をコピーした影響なのかな?

近くにあった岩屋からもずっしりとしたパワーを感じ取り、これで準備完了!

何が準備完了なのか…自分で言っておいて意味わかって無かったのですが、先日の妹と行った東照宮のロジックから推測すると、以下のような手順なのだと思います。

ある土地の周波数をコピーする
→それがいわば情報空間を開く鍵となる
→普通に行っただけでは繋がれない神社の情報空間につながり、今後に必要な装備(エネルギー)をもらえる

つまり今回の場合夫婦岩のエネルギーを纏う事で繋がれる情報空間が、ヤマトヒメ神社に存在するのでしょう。
身体中浄化されたような感覚をまといながら、次のヤマトヒメ神社に向かいます。

ここもぜひ参拝ツアーで訪れたかった所です。
位置的に外宮と内宮の間にあり、直行バスだとスルーされてしまうのですが、かねてから気になっていました。(複数の方からヤマトヒメは今後の日本神霊界を牽引する人だ、的な話を聞いていたので)

実際行ってみたら、繊細なシルクのシーツみたいな肌触りのエネルギーにただただ感動

ああこれがアマテラスの御霊を宿した?人の波動か…なんて美しいんだろう。

ラデルやレンなどソウルファミリーによく言う「いてくれるだけで幸せ」という感覚をまさか神社で味わえようとは。

日本の神霊界とか小難しい事考えず、彼氏が祝詞あげて熱心にお祈りしている間、ヤマトヒメシャワーを全身で存分に浴びていました。(このヤマトヒメシャワーのおかげか、旅の帰路である閃きが来ます)

ちなみにヤマトヒメ神社の駐車場は4台分くらいしかなくて、しかも満車だったから「今じゃない」という事かな…と勘ぐってもいたのですが、その心配は杞憂でしたね。


 

伊勢の話はあと一回で終わりそうです。
その後はディオノ、ラートゥン、トウキ(いずれもレムリア時代の私の名前)の明かされた過去について1記事ずつ作成予定です。
彼氏が絡んだことで、視えなかった部分がかなり明らかになりました。
お知らせ&イベントスケジュール

※原則として毎週日曜日に更新しております※

■最近真面目に(週2回くらい)メルマガを書いています。
昔有料で公開していた動画を配信し、最新の解説を付けています。
これを読むだけでもスピ的なことや神社の一般的なことはわかると思うので、興味がある方はぜひ御覧ください。
トップページ最下部に登録フォームがあります。)

■9/6(木)→大分(宇佐八幡宮、安心院のピラミッド)
久々にレムリア系のツアーです。
ただしそこそこ山登りなので、普段歩いていない人はご注意。https://www.facebook.com/events/2174689586152576/

■会場手配の関係上まだ日程を絞り込めないのですが、
9月第三週に「天野が何でも質問にお答えします」
的なイベントをやります。

答えられるものであれば、スピ系にかかわらずお答えします。
日程が確定次第、詳細をお伝えします。
現時点では平日昼間になる可能性が高いです。

Related Entry

RF開発秘話

ハレアカラへ里帰り(後編)

陰と陽の融合

産土神ミスリーディング?

ギリちゃんとの出会い

滝行