Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク  神社系のネタ 

金吾龍の導き(後編)

前編からの続き)

ということで、やってきてしまいました金吾龍神社。

 

正直飛行機も宿も列車もそこまで空いてた感じなかったけど、適度な混雑度で快適に移動できたのはありがたいです。

風もなく晴れているし、ショウも余裕そうでした。

やはりアラハバキが色々と準備してくれているのだなぁ。

 

 

なんて思ったら甘かった。

 

 

空港は晴れていたのに、小樽に近づくにつれ猛烈な吹雪!

最寄り駅の蘭島なんて、線路が雪に埋もれちゃってます。

 

 

そういえば、東京の金吾龍神社の帰り、予報に反してみぞれがたくさん降ったんだった。

もしかして金吾龍は喜ぶと雪を降らせるのかもしれない。

 

 

とはいえ、初北海道のショウは雪が珍しいらしく大はしゃぎだし、私も今年は北海道に来れなかったのでパウダースノーに埋もれて楽しみます。

 

やはり神社は高い波動で参拝しないとね♪

 

とはいえ、金吾龍神社は台風で崩壊してしまったらしく、建物がほとんど残っていません。

奥宮も雪のせいで立ち入れず、半島の手前までしか行けません。

なんかしっくりこないぞ。

 

 

もう少し歩いて、余市町の方に行ってみました。

すると、龍神が宿る半島の全体像が見やすくなります。

しかも海岸に降りられる場所もあるではないですか。

 

 

 

膝まで雪に埋もれながらも、半島の近くまで行きました。

半島の巨大な岩はマグマが固まったもので、さすがアラハバキを宿せるだけのことはあります。

ここでしばし祈りを捧げました。

 

 

金吾龍神は無事キングの玉の中に宿ってくれたようです。

 

彼?のパワーは相当なもので、後日何人かの敏感な方に金吾龍ヒーリングしてみたのですが、邪気のたぐいが一瞬で一掃されてしまうので驚いていました。(力押しではなくスルッと流してしまう感じ)

 

 

そしてこの波動…俺はこの金吾龍神を知っているようです。

 

まだ詳しいことはわからないのですが、この場所のおかげで俺のzipファイルの一つが解凍されたようです。

これがその後どんな影響を与えてくれるのか、今から楽しみでなりません。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >金吾龍の導き(後編)