Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ソウルファミリー  熊野(2019年12月) 

家族らしいこと

前回からの続き)

無事熊野に到着です。
早朝に出発して着いたの夕方ですから、
もう皆クタクタ・・・でもなかった。

息子たち若いw

 

ゼフが戴いてきた牡蠣があったので
せっかくならそれで鍋でも作るか、
ってことで、近くのスーパーまで買い出し。

 

鍋を作るなんてほとんど経験ないので、
土地のものと半額シール付きのもの
心の赴くままにかごに入れます。

 

帰ってきてから、皆で準備。
俺は物臭なので一人だとまずこういうことはしません。
だからこそ、非日常で楽しい。

とはいえ、餅は餅屋。
クリフの調理スキルが神レベルなので、そっちはおまかせ。

 

 

俺は牡蠣の殻をこじ開けます。
が…全然開かない。
貝柱を切らないと開かないようです。

 

加熱代わりに何度かレンチンして、ようやく開く。
若干水分飛んでたけど、十分うまい。
自力で開けたので、喜びもひとしお。

 

鍋のときは息子たちの意外な側面が見れて面白かった。
ゼフは特に人前で決して弱みを見せないので
自己開示というか、隙を見せてくれたのが嬉しかった。

なんというか、こういう家族っぽい事するのって楽しい。

 

ゼフとシュースはわからんけど、
俺もクリフも決して親には恵まれない
(というか、なぜこんなにも魂の縁が薄い
赤の他人レベルを選んだのかが謎。)
環境で育ったので、なんだか嬉しくなりました。

 

帰り際に神倉神社の近くにUFO発見。
最近は普通に見かけるようになりましたね。

 

シュースは初めて見たらしいので、
UFOと星、飛行機との見分け方をレクチャー。

巨大な磐座があるエリア近くには
たいていUFOが来てヒ-リングしてくれてます。

 

色々な周波数を伴って、UFOに投げキッスしておきました(笑)

 

続く

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >家族らしいこと