Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク  伊勢エリア 

鏡岩へ

いよいよ伊勢の本体とされる鏡岩へ向かいます。
 
内宮は無視して、観光バスの駐車場のど真ん中を抜けた先の道から、いざ往復3時間のさわやか?ウォーキングスタートです。
 
 
道の入り口の土地神に軽く挨拶してから、ひたすら一本道を歩きます。
 

 
 
それにしても五十鈴川が美しい。
夏なら間違いなく泳いでますね。
 
 
水のエネルギーもものすごく濃くて、トロンとした肌触りの水なのです。
ここぞとばかりに水晶玉やワンド、宝石を洗いまくりました。
 
 
俺らがここで禊いだ後の水を、下流の内宮の人はありがたがって浴びるのか…そう思うと少し悪戯心が満たされますw
 
 

 
 
時々空を見上げると、巨大な龍が飛んでいきます。
俺らの存在を認知してついてきているようです。
そのせいか私はもう頭が重くて大変でした。
 

 
 
所々道があっているのか不安になりながらも、予定通り危ない橋へ到着。(何が危ないって、乗ると丸太が軋んで傾きます)

 
 
この橋から先が磐座神木オンパレードです。
 
 
 
ここから先の圧がすごい。
 

そりゃ出雲ラブ大和ケッな俺を、この地を守る眷族が快く思うはずはないです。

 
 
でもそもそもその二極に歪められたエネルギーを解き、因縁を断つために来た事を伝えると、格の高い神は大抵話を聞いてくれます。
 
(噛み付いてくる眷属は大抵力の差を見せつければ大人しくなります)
 
 

 
 
足場の悪い道を歩く事しばし、ついに巨大な磐座発見です。
 
近くには食器のかけら。
ビンゴですね。(出雲と同じ)
 
 
詳しくは書きませんが、鏡岩でJとクリフの力を借りて次元調整。
これで歪みがかなり修正されたはず。(あるべきものがあるべき場所に行く)
 
 

 
 
帰り道、同じ道を歩いて行くのがたるいので、ショートカットを探したら…川幅が狭くて渡れそうな場所発見!
 
 
これも禊!
と、濡れながらワイワイ渡りました。
 
 

 
 
こんなアクシデントも楽しんでくれるファミリーと一緒にグリッドワークできるなんて幸せです♪

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >鏡岩へ