Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク 

場の主のエネルギー

私は家を持ちたいという欲求はあまりなくて、基本賃貸で良いかなって思ってます。

一箇所に縛られ続けるのがなんとなく嫌なんでしょうね。

郵便物なら実家を受け取り場所にすればいいですし。

 

(決して某なんとか父さんみたいに「持ち家は負債だ」とか言う意識ではないです。)

 

で、家を借りる時に重視するのが、持ち主(大家)の波動

土地の波動はチェックするけど、大家の波動までは見ないという方が意外と多いです。

かくいう私もそうでした。

 

 

でも、大家の波動も見たほうが良いなと思える事件が昨日あったんですよ。

それについてちと書きたいと思います。

 

 

きっかけは、たまやの引っ越しでした。

たまやとは、私がよく写真撮ってる玉を安置してある場所です。

(詳しくは玉セッションとか玉がすごい理由とか参照)

 

 

あそこのビルが、なんとこの緊急事態宣言の影響でビルごと閉めることになりました。

 

今まではセコムのカードキー使えば入ることができたのですが、それすらもできなくなりそうな感じです。

 

 

たしかにあのビル空気重かったし(北条氏の屋敷跡だからかなと思ってたけど、違った。)、別の場所でやれるならそれもいいかなと思っていました。

 

 

 

最終的に玉はオーナーが借りてくれたワンルームマンションに移動できたのですが…そこの空気感が軽くて心地よい。

いや、今まで苦労して整えていたあちらは何だったのかと。

 

 

オーナーに聞いたところ、たまやがあった場所はオーナーじゃなくてスポンサーの人が借りてた物件らしい。

 

オーナーはエネルギーすごく敏感な人なので、納得。

スポンサーは直感とかじゃなくてデータで見る人だから、人の流れとかだけで決めたのでしょう。

 

しかもそこのビルの大家は(以下自粛)…。

 

 

これでエネルギーが整った場に移れたので、玉たちも大活躍するでしょう。

縁ある人達のところに行って、本領発揮してもらいます。

 

 

ソウルファミリーとの遭遇率も相変わらず高いので、私が使っているサイズの玉を使いこなせる人が、近いうちにたくさん現れてくれそうな予感もあります。

その頃は闇の集合意識にのまれる人もだいぶ減ってくるでしょうね。

 

 

昨日の鎌倉はマスクしてる人もだいぶ減ってましたし、いい傾向です。

強く締め付けるほど強い反発が来ますから、そろそろ抑圧された人達の反撃が始まりそうですね。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >場の主のエネルギー