Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

グリッドワーク 

グリッドワークの定義

書いてるようで書いてなかったグリッドワークの解説をしたいと思います。

 

グリッドワークも人によって定義が違いますが、私はエネルギーの流れを作る…というか編み物をするような感覚と考えています。

 

それをすると何が良いのか?

簡単に言うとエネルギーの点と点が線で繋がり、土地のエネルギーが上がり、住む人の波動が上がります。

(エネルギーを感じない人も、もれなく土地のエネルギーの影響は得ています)

 

目的としては「地球の周波数を上げる活動」となるかな。

 

周波数が上がれば上がるほど、この世界は自由度が上がります。

だから宇宙の魂にとって住みやすい世界になるはずです。

 

そのためにやっていることは主に3つあります。

 

 

■似たエネルギーの土地をつなぐ

熊野と出雲、琉球などの似た土地をつなぐことで、エネルギーの流れが太く強固になります。

神社の場合、(この表現で伝わるか微妙ですが…)本店とフランチャイズを結ぶと効率がいいです。

 

 

■玉にエネルギーを入れて施術に使う

いろいろな周波数のエネルギーを玉にコピーできれば、ヒーリング系の施術に活用できます。

またその玉を持って様々な土地に行くたび、対応するエネルギーが活性化します。

実際に土地を踏むのは人間でないとできないので、現地に行くことも大事です。

 

 

■恣意的に歪められたエネルギーを元に戻す

封印されてしまった神のエネルギーを取り戻したり、祈りを捧げたりして力を取り戻してもらったりします。

その結果として、闇のエネルギー(霊界やカバールなど)が弱くなり、神や龍が自由に動けます。

 

 

そしてそれらのご褒美?として、過去生で縁があった土地に出向くと、過去生の能力や記憶を取り戻す事があります。

また、その過去生で出会ったキーパーソンと今生でも会えたり、あるいは既に出会っていた場合より結びつきが強固になります。

 

神社のご利益のほぼ全ては縁結びによるものですから、ある意味最強の願掛けになっているわけです。

 

私がソウルファミリーに遭遇する確率が飛躍的に高いのも、そのおかげと考えています。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >グリッドワークの定義