Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

先日、久々に家族旅行に行きました。

普段は私は車の移動が好きではないのですが、
ゼフが車で連れて行ってくれる(レンタカーではない)ので、ありがたく連れられていきました。

 

道中長いので数カ所で休憩するのですが、
箱根を過ぎたあたりで休憩場所を探していたら
有名な吊橋があるとのことでそこに決定。

 

 

実は…私は高いところが大の苦手です。

 

スカイツリーとか高層マンションなら平気ですが、
身体で風を感じてしまう…やる気なら飛び降りられる
そんな高い場所だと足がすくみます。

 

以前もバンジージャンプをしようと思って
料金も払って命綱まで装着したのに
半ベソかいてリタイアしたことが有りました。

ハワイのマンションのバルコニーでは目眩が…
(30Fくらいありました)
大分の九重の吊橋は怖くて引き返しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

だいたいこの手の苦手なものって
過去の死因と強く関連してます

例えば…

地震で死んだ人は地震が怖い
毒殺された人は発酵食品が苦手
生き埋めにされた人は洞窟やトンネル怖い
溺れ死んだ人は海が怖い
生贄にされた人は拘束されるのが怖い
などなど。

 

そして…高いところから落ちて死んだ人は
ほぼ間違いなく高所恐怖症になっています。

 

ただ、それが一回ならいいんですよ。

何度もやってると、潜在意識を書き換えるのも一度では無理です。

(ちなみに私が寿命以外で死ぬのはほぼ転落死。)

 

高所恐怖症を書き換えられれば、何でも書き換えるのではないか

と思うくらいラスボス級に手強いです。

 

現に今回も、書き換えは無理でした。
最近RSもインストールして絶好調のクリフですら
さじを投げてしまうほどの強固なブロックだったとか。

 

まあ、無理に書き換える必要はありません。
書き換えなくても、自分が目指す自分になれるなら。

 

ただ思い込みを外す
(やればできると実感できる)と、
自由度は上がりますので、
手頃にできるものならオススメします。

タイムウェーバーで消せる程度なら
迷わず消してしまいましょう。

 

 

ちなみに今回は目をつぶって
息子たちや孫娘に手を引いてもらい
なんとか渡り切ることができました。

しかも普段私が見せない(?)弱みを
息子たちが目にしてオープンハートに
なってくれたことが収穫かな。

 

そしてきっと私の潜在意識は
魂の家族に助けてもらう体験をしたかったのでしょう。

めんどくさい親ですねぇ(笑)

 

続く

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >ブロック外しの限界